医学といえば…西洋医学。東洋医学。

と聞いたことがありますよね。

外科的療法の西洋医学

内科的療法の東洋医学

では、建築医学というものをお聞きになったことはありますでしょうか?

「建築医学」

医療効果をもたらす建築物、作り方。

住環境によって病気が起こす。住環境を解析していくことで、病気が症状として現れる前に、その病気を治療・予防する建築の考え方になります。 住宅のある部分の(非常に乱れてる)環境が、住人にこういう病気になることが診断・予測できます。

建築医学は、あらゆる病気、

人間が周囲の環境から無意識に受けている影響、つまり「環境ストレス」によって病気・体調を崩すと捉えています。

症状が現れる前に多くの場合、既に住環境が悪化しているところに居住している訳だから、その環境ストレスを解明し、場の不調和を調整し、環境ストレスを取り除くだけでなく、より良い刺激を与えるような場を構築していく。これによってあらゆる病気を発病以後だけでなく、発病以前に治癒することができると考えています。

この建築医学と、同じく関わる“風水”を

風水カウンターとして

不定期にブログにあげていきたいと思います📝