住宅ローンの事前審査とは?

審査基準と審査通過のためのポイント

近年、住宅ローンの低金利が続いているため、住宅ローンを利用しやすい状況が続いています。しかし、住宅ローンは誰でも、どんな条件でも借りられるというものではありません。住宅ローンを組むには金融機関の審査に通らなければなりません。

住宅ローンの事前審査・仮審査について、その流れやポイントなどをお話します。

■住宅ローンには事前審査と本審査がある

住宅ローンを利用するには、金融機関による住宅ローン審査に通過する必要があります。何を審査されるのか、通過するためにはどうすればいいか?もし落ちてしまったら住宅ローンを利用できなくなるのか!?など、気になりますね^^

住宅ローンの審査には、

①事前審査(仮審査)

②本審査

があります。住宅ローンを組むには、どちらにも通過する必要があります。

家づくりのスタートラインに立つ為にこそが、事前審査(仮審査)です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f4bbbaad85147a461b9240f688bb66e9.jpg
【事前審査申込書】岩手銀行

金融機関にもよりますが、事前審査の結果は、だいたい3~1週間ほどで判明します。

その後の本審査では、事前審査に提出された申告内容と本審査時の申告内容に相違がないかを確認するなど、事前審査よりも細かな審査となります。

そのため提出しなければならない書類も数が多くなります。審査期間についてもだいたい1~2週間ほどと、事前審査よりも長くなります。

■なぜ事前審査・仮審査があるのか?

なぜ事前審査・仮審査と、審査を2回も受ける必要があるのでしょうか?
住宅ローンは、物件自体が本人の所有物となってから、契約へと進みます。しかし、物件の売買契約が完了した後に、住宅ローンの審査に通らず、契約まで至らなかったということになると、本人はもちろんのこと、物件の売主や不動産会社なども損害を被ります。

そのような大変な事態を避けるために、本審査の前に事前審査によって先に融資が可能かの確認を行うのです。だから“事前”の審査なのです。

この事前審査を通過することで、住宅ローンの申込者が住宅ローンを組むための基準を満たしていることを確認します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9939eb7cb864fbc5ebfa06a43955665f.jpg
【事前審査書類】ろうきん

■事前審査の申込み。


事前審査の申込みでは、さまざまな書類が必要となります。

住宅業者・不動産会社などに依頼する方法が一番良いです。も必要書類の案内や、申込みなどの手続きを一括で行ってくれます。

物件購入の件で話をする際に、住宅ローンの手続きについても相談してみるといいでしょう。

重要既存借入がある場合は隠し事せず、話してみましょう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8243-1.png
■審査で重要視されること

1位は「完済時年齢」。

ほとんどの金融機関では完済時の年齢を重視していることがこのデータから読み取れますね。住宅ローンは他のマイカーローンや教育ローンと異なり、より長期間にわたって支払っていきます。例えば35歳で住宅を購入し、35年の住宅ローンを組んだとしたら70歳まで住宅ローンが続くことになります。そのころまで無理なく支払っていけるのかどうかを金融機関は最も気にしています。

次の2位は、「健康状態」。

なぜ健康状態なのかというと、ほとんど全ての金融機関では、住宅ローンを契約するために団体信用生命保険への加入を必須としています。つまり、健康状態が悪く団体信用生命保険に加入できないとなると住宅ローンの申込みそのものが出来なくなってしまうということです。そのため審査項目のアンケートにおいても上位にきています。糖尿病・高血圧、最近多くみられる精神疾患などが該当されます。

また、そのほかの審査項目を見ても、住宅ローン契約者個人に関することがほとんどですが、

3位には「担保評価」になってます。仮に住宅ローンの返済ができなくなった場合に、担保にしている不動産を売却することで金融機関は融資した金額を回収できます。その際に担保価値が低いと回収できないため、購入する物件の担保評価も審査基準として着目します。担保評価が低いと審査に不利になってしまいます。購入する物件の選択の際のポイントにもなりますね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8fd2c9d3ef71b6657585cf487ed294ef-382x1024.png
※国土交通省「令和元年度民間住宅ローンの実態に関する調査結果報告書」より
■審査に通るようにするためには
年齢
借入時と完済時の年齢のどちらも重視されます。完済時の年齢については、定年を過ぎる65歳を超えると不利となってきます。反対に借入時の年齢が若すぎても審査に通りにくくなりますが、最近は20代の方が多いですので、下記の項目もふまえて検討できます。

健康状態
基本的に団体信用生命保険に加入できないと住宅ローンを借りることはできません。糖尿病や高血圧などで健康状態が優れない場合には団体信用生命保険に加入できなくなる恐れがあります。つまり、マイホーム計画は断念せざるを得なくなりますので、健康管理大事ですよ。

担保評価
担保評価が低いと、融資額を下げられてしまうなど不利になることもあります。物件の選定の一助にしてください。

年収
年収の額だけではなく、返済負担率によっても判断されます。年収が多くても、ほかに車のローンなどの借り入れがある場合には、返済負担率が高くなりますから、注意が必要です。

職業
仮に年収が多くても、歩合制の仕事や自営業の場合には、収入が不安定と見なされてしまいますし、危険な職業もです。そして勤続年数も大事になってきます。マイホームを購入してから転職を考えてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a78fae3ec29c97f38a1594e280132362.jpg
■事前審査を申込むときの注意点
既存借入

マイカーローンやショッピングローン、カードローンがある場合は、金融機関に個人情報(過去・現在進行形)を調査されますので、隠さずに申告しましょう。また、住宅業者・不動産会社に相談してみるのも大事です。

延滞履歴

たった一度のクレジットカードの支払い延滞でも不利になります。延滞の事実が個人信用情報に記録された時点で状況は不利となり、最悪の場合には審査に通らなくなると考えておいたほうがいいでしょう。クレジットカードの延滞記録は5年間、自己破産10年(された金融機関ずーっと)残るといわれています。もし、自分自身の個人信用情報を調べて支払いの延滞記録が残っていたら、記録の残る期間が過ぎるまで、住宅ローンを我慢しなければならないかもしれません。あるいは照会した信用情報を金融機関に見せて、事情を説明しながら相談してみるのも一つの方法です。

安易

事前審査を安易に考えて審査を行う方がいらっしゃいます。住宅業者・不動産会社の若手に依頼し、何も対策を考えず審査をしてしまい審査が落ちてしまうという悲しい結果もあります。また、ご自身で審査を申請する方もいらっしゃりますが、知識不足のために何度も足を運んだり、希望の融資金額に満たなかった例もあります。

勤続年数

勤続年数が短かったり、数カ月前に転職したばかりの場合、多くのケースで審査ができません。暫く経ってから再審査をするか、マイホームを購入してから転職をお考えください。

事前審査は、家づくりスタートラインに立つ為の第一関門

住宅展示場や見学会、土地探しと家づくりにワクワクしますね。でも、

「あなたは住宅ローン組めますか?」

住宅ローン組めなければ、家づくりは絵に描いた餅。現金払いの方以外は、住宅ローンが組めないとお家を建てる権利が無いのです。だから、ライフプランシミュレーションと同様に、「事前審査」をしてから家づくりをスタートしましょう。


情報住宅ローン控除について