住宅ローン控除13年特例、令和3年12月31日も?

住宅ローン控除延長の延長、令和3年末までも(令和2.4.現在)

コロナウイルス関連で、政府から様々な特例が出ていますね。
国税庁、国土交通省のHPを見ていたところ、

住宅ローン控除の3年延長が令和3年末まで延長になっているようです。
ただし、注文住宅の場合には契約が令和2年9月までとなっています。

※ 新型コロナウイルス感染症の影響で期限内に入居できない方へ

(1) 住宅ローン減税の控除期間13 年間の特例措置について、新型コロナウイルス感染症の影響により入居が期限(令和2年12 月31 日)に遅れた場合でも、以下の要件を満たした上で令和3年12 月31 日までに入居すれば、特例措置の対象となります。

[1]一定の期日までに契約が行われていること。

     ・ 注文住宅を新築する場合:令和2年9月末

     ・ 分譲住宅・既存住宅を取得する場合、増改築等をする場合:令和2年11 月末

 [2]新型コロナウイルス感染症の影響によって、注文住宅、分譲住宅、既存住宅又は増改築等を行った住宅への入居が遅れたこと。

国土交通省HPより引用

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000017.html


全国に緊急非常事態宣言が出されたので、こういった補助や控除について今後も緩和がある可能性はあります。

住宅ローン控除って何?

住宅ローン控除とは、マイホームを住宅ローンを利用して購入・建築すると、

10年間、住宅ローンの残高の1%が減税されるというものです。


住宅ローンが2,000万円残っていれば20万円になります。
※ただし、控除できる上限額がありますので、注意が必要です。

これが3年間延長されるのが「住宅ローン控除の延長特例」です。
そして、今回の世界的なコロナショックで「住宅ローン控除の延長特例」の延長の特例が出ているというわけです。

出典:三重県HP http://www.pref.mie.lg.jp/ZEIMU/HP/16353017893.htm

コロナショックで住宅ローンの支払いが難しい時は…💦

住宅ローン控除の特例以外にも、様々な補助、猶予措置が各方面で出ていますし、これからも増える可能性はありますね。
そして、これから家を建てようという人も、すでに建てたという人でも気になっているのは、
コロナで会社が倒産したり、給料が減って、住宅ローンが払えなくなったらどうしよう?
という心配を抱える人も多いでしょうし増えると予想されています。

今回に限らず、災害などの場合、住宅ローンの支払い期限の猶予があることも。ローンなどの支払いで困りそうな場合には、早めに金融機関への相談が重要です。

もしもの場合住宅ローンの返済にお困りの方への…

一刻も早く、終息することを願います。