水害・風害・雪害・地震など災害が増えてきている昨今、停電した際の対応をまとめてみました📝

停電した…⚡

突然電気が消えたら?

まず初めに、どこが(どこまで)停電しているか状況把握しましょう!
家の一部だけ停電している🔦

家の一部にだけ停電の場合、ブレーカーが落ちていることが考えられます。

☞ブレーカーが落ちてしまった場合は、アンペアブレーカー、漏電ブレーカー、安全ブレーカーのどれが落ちているかを確認し、対応が必要となります。

家中全てが停電している🔦

家中すべてが停電しているけど、近所は停電していない場合は、ブレーカーが落ちていることが考えられます。

☞ブレーカーが落ちてしまった場合は、アンペアブレーカー、漏電ブレーカー、安全ブレーカーのどれが落ちているかを確認し、対応が必要となります。

近所まで停電している🔦

お住いの地域が停電していると思います。台風や落雷、事故などで停電している可能性がありますので、停電が解消された時の火災や事故を防止するためにコンセントから電気製品の電源プラグを抜き、復旧するのを待ちましょう。

ブレーカー⚡

ブレーカーには3つの種類があります。

アンペアブレーカー
  • 電力会社との契約ブレーカーで、大きなアンペア数の表示と色分けが特徴。
  • 契約アンペア値(契約電力量)を超えた電気が流れた場合、電気の流れを遮断する(ブレーカーが落ちる)しくみになっている。
  • ブレーカーが落ちると家全体が停電する。

漏電ブレーカー
  • 漏電事故を防ぐための装置で、メインのスイッチ以外にテスト・復旧のボタンが付いている物が多い。
  • 漏電を検出した場合、電気の流れを遮断する(ブレーカーが落ちる)しくみになっている。
  • ブレーカーが落ちると家全体が停電する。

安全ブレーカー
  • 配線用遮断器(分電盤から各部屋へ電気を送るための回路ごとのブレーカー)。同じ形のスイッチが複数あり、家の中のコンセントまでの電気の回路それぞれと接続している。
  • 回路ごとに容量が決まっており、その容量を超えた電気が流れた場合、電気の流れを遮断する(ブレーカーが落ちる)しくみになっている。
  • このブレーカーは回路ごとに落ちるので、家の一部が停電する。

※ 分電盤とは、漏電ブレーカーや安全ブレーカーをまとめた箱をいいます。アンペアブレーカーが一緒になっている場合もあります。

※東北電力HP