我が家は温泉

Q. おふろで入浴剤を使いたいのですが、なにか制約はありますか?

セミオート、給湯専用タイプは入浴剤の使用が可能です。フルオートタイプは下記の通りご使用ください。

■ご使用いただける入浴剤の例(推奨品)

●「バブ」・・・にごりタイプ・パウダー配合タイプは除く (「バブ」は花王(株)の登録商標です)
詳しくはバブWebサイトをご覧ください。

●「バスクリン」「きき湯」・・・にごりタイプは除く 
詳しくはバスクリンWebサイトをご覧ください。

●「バスロマン」・・・にごりタイプは除く 
詳しくはバスロマンWebサイトをご覧ください。

  ・入浴剤の使用説明書をよく読んでお使いください。
  ・機器故障の原因となるため、複数の入浴剤は同時に使わないでください。
  ・入浴剤をご使用のときは、自動配管洗浄を必ず「入」にしてください。(お買い上げ時の設定は「入」)

詳しくはバブWebサイトをご覧ください。(別ウインドウが開きます)
詳しくはバスクリンWebサイトをご覧ください。(別ウインドウが開きます)
詳しくはバスロマンWebサイトをご覧ください。(別ウインドウが開きます)

■次の入浴剤は使わないでください。(機器故障の原因となります。)
  ・推奨品以外の発泡系、バスバブル、石鹸(浴そう内)など
  ・生薬(葉、茎など固形のもの)
  ・ミルク成分配合やとろみ系のもの
  ・硫黄、酸、アルカリ、塩分を含んだもの

ご使用にならないでください。

Q. 浴そう、洗面台、タオルが青くなるのはナゼ?

●原因
(1)使用地域の水質や、給湯機の銅配管により銅管(給湯機や配管に使用)からわずかに溶け出した『銅イオン』と、湯あかやせっけん等に含まれる『脂肪酸』とが化学反応し、浴そうや洗面台が薄青くなることがありますが、人体に害はありません。(参考:社団法人日本銅センター「銅と衛生」)
(2)銅イオンは、銅管の表面が新しい場合に溶け出しやすく、通常は給湯機の使い始めに発生することがあります。ただ、水質によっては長く続く場合もあります。 

●付着しないようにするには
・ こまめに浴そう用洗剤でお掃除してください。
・ 固形せっけんからボディソープへ変更して頂くと軽減します。(ボディソープは固形せっけんに比べ、銅イオンに反応する脂肪酸が少ないため)

●気になる時は
[浴そうやタイルは]
・市販の浴室用洗剤「ウルトラハードクリーナー(バス用)」や「湯アカ分解」(いずれも㈱リンレイ製)などを使ってこまめに掃除する。
詳しくは㈱リンレイ webサイトをご覧ください。
 ※強くこすらないでください。浴そうがキズつき、とれにくくなります。
[浴そう等は]
・ペーパータオルに、油汚れ専用洗剤の原液を浸し青い部分に貼り付け、しばらく(数分~数十分)放置した後に拭き取ると効果的です。なお、洗剤の取り扱いについては、洗剤本体記載の注意書きに従ってください。
[タオルは]
・タオルは、70~80℃のお湯に1割くらいの食酢を混ぜて浸すと数秒で脱色します。

●まとめ
(1)人体に無害です。
(2)こまめなお掃除で付着を防ぐことができます。 
(3)付着した場合は、強くこすらないでください。
(4)固形せっけんからボディソープへ変更していただくことで軽減します。

詳しくはPanasonicさん☟☟☟

https://sumai.panasonic.jp/hp/5qa/5_8a.html#q_3