凍結しないように…エコキュート

Panasonicのエコキュートの説明ですが、メーカー問わず同じ対応になりますのでご覧ください。お手元の取扱説明書は必ずご覧ください👀

Q. エコキュートの凍結予防方法は?

(1)ふろ配管の凍結予防(フルオートのみ)
浴そうにお湯や水をはったままにする
※浴そう水を自動で循環させることにより、ふろ配管の凍結予防運転をおこないます。

(2)給水・給湯配管の凍結予防
外気温が0℃以下になると、保温工事を行っていても、給水・給湯配管が凍結することがあります。
このようなときは、リモコンで湯温を「水」に設定して給湯栓を少し開いておいてください。
1分間に200ml(コップ1杯分)程度の水がでるように、お湯側の蛇口を開けてください。

湯温を「水」に設定する ※一部「水」設定ができない機種がございます。 「水」設定できない機種については、1分間に200ml程度出るように『給水栓』を開けておくと、凍結しにくくなります。※お湯が出ない場合は、凍結が解消するのをお待ちください。

(3)貯湯ユニット部 給水・給湯配管の凍結予防
●風の強い場所のとき
配管に直接風があたると、熱をうばわれ配管の温度が下がり凍結することがあります。
脚部化粧カバー(別売)を取り付けると、風よけの効果があります。

(4)各部配管の保温材
給水・給湯配管、ふろ配管、ヒートポンプ配管は断熱材で覆われています。断熱材が破損していると凍結することがあります。
破損している場合は、販売店に連絡してください。寒い冬がくるまでにご確認ください。

保温工事をしていても周囲温度が0℃以下になると凍結します。機器や配管が破損する場合がありますので、凍結予防ヒーターを巻いて加温してください。

※凍結防止ヒーターのコンセントもチェックしてくださいね🔌

冬場のエコキュート

Q. 寒くなったけどお湯は足りますか?

寒くなると、お湯の使用量が増えてお湯が足りなくなることがあります。

Q.お湯がぬるい時はどうしたらいいですか?

お湯の設定温度を高くしてください。

Q. 残湯量表示があるのに『追いだき』ができない。

タンク内が全体的にぬるくなっています。