子どもの誕生、それにともなう数多くの手続きを行う必要がありますので、まとめてみました。もう何年も経ってしまったので、改めて確認しようと&これからの方へ…

出産後に必要な手続き

チェックⅠ

産前産後休業取得者申出書

産前産後休業中の、健康保険料・厚生年金保険料の支払いが免除される制度(会社・個人)です。

※免除期間は、産休開始月から終了予定日の翌日の月の前月(終了日が月の末日の場合は産休終了月)

申請先会社
申請時期産前産後休業をしている間
必要書類なし
他“出産予定日”を事前に会社に伝える。
出産後にも会社に出産日と生まれた子どもの名前を報告する。
チェックⅡ

出産一時金

お子さまお一人の出産につき42万円の出産育児一時金が支給される制度。

※産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は40.4万円

出産を取り扱うほとんどの病院では、病院が出産一時金を申請してくれる「直接支払制度」を利用できます。その場合は、本人の申請は不要となり、出産費用から一時金(42万円)を差し引いた金額を病院に支払えばよいことになります。

申請者病院(直接支払制度が利用できない場合は本人)
申請時期出産後
必要書類なし
他出産予定の病院に、直接支払制度が利用できるか事前に確認する。

出産育児一時金について(協会けんぽ)

チェックⅢ

健康保険扶養追加手続き

お子さまをご主人、もしくは配偶者の扶養家族に追加する手続きです。お子さまの保険証が発行されます。

申請先会社
申請時期出産後すぐ
必要書類住民票
他会社へ出産報告

1ヵ月検診の際に保険証が必要になりますので、お子様のお名前が決まりましたら、すぐ会社に報告しましょう。保険証の発行には1週間~10日前後かかりますので、出生届の手続きも早めに行う必要があります。

チェックⅣ

出産手当金

産休中の給与の支払いがなかった期間について、一定の給付金額を受け取れる制度です。

申請先会社
申請時期産休終了後
必要書類なし
他産後に、申請書に病院から出産についての証明をもらう。
チェックⅤ

育児休業等取得者申出書

育児休業期間中の、健康保険料・厚生年金保険料の支払いが免除される制度(会社・個人)です。

※免除期間は育休開始月から終了予定日の翌日の月の前月(育児休業終了日が月の末日の場合は終了月)までです。

申請先会社
申請時期育児休業に入った後
必要書類なし
他会社に「出産日」と「子どもの名前」を報告する。
チェックⅥ

育児休業給付金

育児休業を取得した場合に、育休中(お子さまが1歳になるまで)の給与の支払いがなかった期間について、一定の給付金額を受け取れる制度です。

申請先会社
申請時期✅初回育児休業給付を開始した日から2ヶ月経過後 
  ※以降は2ヶ月毎の申請
必要書類母子手帳・通帳コピー
他なし

もし、1歳の時点で保育園に入れていないなどの要件を満たしていると「1歳6か月」まで支給対象期間を延長することができます。

- 注:育児休業の対象外となる人 -

✅ 法令により除外できる対象者

①日々雇用される対象者(※「日雇い労働者」など)

②以下のいずれかに該当する、期間の定めのある雇用契約者(契約社員さんなど)

・入社1年未満の対象者

・子が1歳に達する日を超えて雇用される見込みのない対象者

・子が1歳に達する日から1年を経過する日までに、雇用契約が満了し、更新されないことが明らかな対象者

✅労使協定を結んでいれば除外できる者

①入社1年未満の対象者

②申出の日から1年以内に雇用関係が終了することが明らかな対象者

③1週間の所定労働日数が2日以下の対象者

チェックⅦ

乳幼児医療費制度

乳幼児医療費助成制度とは乳幼児が医療機関で診察や治療を受けた際に、その費用の一部または全額を自治体が助成してくれる制度です。

対象となる子どもの年齢は各自治体により異なります。乳幼児医療費助成制度を利用するためには、赤ちゃんも健康保険に加入しなければならないことを覚えておきましょう。

✅手続き流れ

【出産前】

①住んでいる市区町村の助成内容、手続き方法を確認する。

自分が住んでいる市区町村の助成内容や手続きの方法をホームページで確認しておきましょう。

【出産後】

②赤ちゃんの健康保険の加入手続きをする

勤め先の健康保険に加入している人は、勤め先の総務部や健康保険組合で手続きをします。国民健康保険に加入している人は、役所で手続きをします。

③お子さまの健康保険証が届く

手続き後しばらくすると健康保険証が届きます。いつごろ健康保険証が受け取れるのか、手続きのときに到着目安を確認しておくとよいでしょう。

④役所で、助成を受ける手続きをする。

健康保険証を持参して、役所で助成を受ける手続きをします。

⑤乳幼児医療証が届く。

手続き後、しばらくして乳幼児医療証が届きます。これを医療機関の窓口に提示すれば、助成を受けられます。自治体によっては乳幼児医療証を使用しないところもあります。

会社で行ってくれる手続き以外は、ご自分で情報を収集して手続きを行わないと、「もらえるはずのお金がもらえなくなった」などということも起こりかねませんので、ご主人と一緒に確認しましょう!

お子さま誕生したら…【教育編】も参考にご覧ください👇

https://hanajyuhome.net/blog/