youtubeを見ていたら…

有名人が出ていて

何か、かっこういいCMだな~と思ってみたら

『LOUIS VUITTON』

私自身が、一個も持っていないが

奥様がよろこびそう^^;

作りがさすがだな~と見入ってしまった👀

✨ルイ・ヴィトンの世界へようこそ✨

─メゾンの友人たちが誘う新たなストーリー -

ルイ・ヴィトンがYouTubeで新動画チャンネル「LV TV」を立ち上げ!

新動画チャンネル「LV TV」では、フランス人映画監督 ロイック・プリジェントが捉えた「All-Access」や「Ateliers Visites」をはじめ、「Inside the Vault」、「Les Voyages」、「A Day in the Life of Capucines」、「Getting Ready」などの撮影の舞台裏をIGTVやYouTubeで配信。

さらに、人気YouTuber エマ・チェンバレンが初めて訪れたパリでのファッションショーの様子や、ニューヨークで開催されたMETガラ参加直前のソフィー・ターナー、旅支度をしながらコーディネートを楽しむカーリー・クロスなど──メゾンならではのエクスクルーシブでユニークなコンテンツが満載の新チャンネル 「LV TV」をぜひお楽しみください。

https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/articles/introducing-lvtv

―歴史―

創業者ルイ・ヴィトンは、1821年フランスで12人兄弟の6番目の子供として生まれる。14才の頃にパリに向かう。

当時の主要な交通手段は馬車や船、汽車であり、それらの荷物は手荒く扱われていました。そのため旅行者は職人に依頼し、個々に持ち物を荷造りし、保護してもらっていたといいます。

そのため「畳んでかばんにつめる」という荷造り職人マレシャル氏の下で、ルイ・ヴィトンは一流の荷造り職人の見習いとなりました。それは彼の人生を決定づけ、さらには息子たちや後世にも受け継がれることとなったのです。

 そして実力をつけ、フランス皇室からの注文を受けるようになり、フランス随一の職人となる。 「グリ・トリアノン・キャンバス」 というトランク工場を構え、1854年・33歳の頃に独立。

 ルイ・ヴィトンは世界初となる旅行用鞄の専門店をパリ・カプシーヌ通りに店をオープン。1859年、アニエール=シュル=セーヌに最初のアトリエを構え、特殊コットン素材の軽量なトランクを販売。瞬く間に発展を遂げ、1869年にはエジプト総督のイスマーイール・パシャが、1877年にはロシアのニコライ皇太子がそれぞれトランク注文するなど、各国の要人からも支持を得た。

 ヴィトン社はロンドンに初めての店舗を構え、ここでも成功をおさめたルイ・ヴィトンの勢いは止まるところを知らない。

1888年、模倣品防止のために開発した、ベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」は看板商品のひとつとしていまなお根強い人気を誇っている。

 その後、ヴィトン社はハンドバッグの販売を開始。ルイの死後、息子のジョルジュが会社の全権力を握り世界的な企業へと押し上げたという。