加湿器使われておりますか??

乾燥もしてますし、インフルエンザの季節真っただ中、加湿器(の方式、お勧め機器)を改めて説明しますね。家電量販店に売っている加湿器は大きく分けて下記の4タイプに分類できます。

スチーム式
まずは分かりやすいスチーム式、単純に水を温めて気化させる方式です。 加湿力も強く、室温も下がりません。 ただし、COP1で加熱するのでものすごく電気を食います。 そして加湿する力が強すぎるがゆえに、障子がグニャグニャになっり、結露やカビの被害が出やすいのもこの機種の特徴です。

(COPとは、エネルギー消費効率。冷暖房器具の省エネ性能を表す際によく使われています。電力1kWを使ってどれだけの効果を得られるかという指標です。

超音波式
超音波で水を微振動させることで水を小粒化し加湿する方式。
電気使用量も少なく静かです。ただ、少容量のものが多く加湿力は弱いものが多いです。
掃除が行き届かずにカビや雑菌が中で繁殖した場合、そのまままき散らしてしまうという大きな欠点を抱えています。
ハイブリット式
基本的には気化式ですが、風が温められた温風であることが特徴です。
最も省エネな気化式よりは多少エネルギーを使いますが、即効性があります。
気化式
下部の水桶に水をためておき、円盤形状のプラスチック板20枚程度、もしくは細いナイロン糸を編み込んだスポンジ状のものを回転させます。 その水濡れした円盤が空中にあがってきたところでファンで風を当てます。 ファンの消費電力のみなので、消費電力は極めて少ないのが特徴です。 大型のものあり、水補給が頻繫にすることなく便利。 お勧めのタイプです。

お勧め(大き目ですが…)☟☟☟

https://panasonic.jp/kashitsu/products/kxf15.html

※マッハシステムではこれ1台で充分

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/C1H+QqJhjnS.mp4

※漆喰を室内仕上げ材に使っているお家では、霧吹きで漆喰壁に吹き付けると、ゆっくり蒸発して加湿してくれますよ。