産業医科大(北九州市)の藤野善久教授(疫学)らのチームが

『寝室を暖房で暖めて寝る子供は、そうでない子供に比べ、風邪をひく人の割合が4分の1にとどまる 』

藤野教授は、暖かい部屋にいることで免疫の低下を防ぐことができたとみており「新型コロナウイルスによる肺炎を含む冬の呼吸器感染症の予防に役立つのではないか」と話している。

詳しくは☟☟☟

Sankei Biz(サンケイビズ)