「贈与税」は、1年間に贈与を受けた金額の総額に対して課税されます。

例えば、ある人が父親から100万円、母親から100万円の贈与を受けた場合は、合計した200万円で税金を計算することになります

1人から受けた贈与金額で計算するのではなくあくまで、もらた人が1年間に受け取った総額で計算するのです。何人からか贈与を受けようとも関係はないのです。では基礎控除を超えた場合の申告はどうするのでしようか?

贈与税は財産をもらった人が、その年の翌年2月1日から3月15日までに税務署に贈与税の申告を行い、申告期限の3月15日までに原則として現金で納税をしなければなりません。

所得税と贈与税は別の税金ですので、両方とも申告しなければならない人は、それぞれの申告書を3月15日までに提出することになります。

忘れてしまうと加算税、延滞税など重いペナルティがありますので注意しましょう^^;

申告・納付期限の個別延長手続きについてhttps://www.keisan.nta.go.jp/oshirase/r1info/info008.html

国税庁 確定申告書等作成コーナーhttps://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

贈与は分からないのでは?

「現金で贈与すれば、税務署にばれないんじゃない!?」

果たして、そんなことはあるのでしようか。たしかに税務署は、国民一人ひとりのお金の出入りをすべて完璧に把握しているわけではありません。

ただ、贈与税の基礎控除は110万円という比較的大きな金額です。このような大きな金額の出し入れについては、どこかの時点でチェックされる可能性があります。

もっとも可能性が高いのは相続が起きた時点です。

贈与税と相続税とは、補完関係がある税金です。

生前でもらったものは「贈与税」

亡くなった時にもらったものは「相続税」です。

その申告をした場合には税務調査が入る可能性が非常に高いのです。調査時にお金の流れをチックされることになりますが、金融機関の口座などの動きはこの時点でほほ把握されます。その中で大きなお金の動きがあれば、たちどころに見つかってしまうのです。基礎控除などの仕組みをしつかり理解した上で申告はきちんと行いましよう^^;

申告・納付期限の個別延長手続きについてhttps://www.keisan.nta.go.jp/oshirase/r1info/info008.html

国税庁 確定申告書等作成コーナーhttps://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl