英語を中高で学んだけども“使えない”人が多いのではないでしょうか?最終的委はジャスチャーやアプリを使ったり翻訳機の助けを受けますよね。

でも、本当は普通に使えるようになりたい。それが願い。

例えば、今から学ぼうとしても…

ならば、可能性のあるお子さまには使えるようになって欲しい。そういう親御さんが多いのではないでしょうか!?

そこで、語学は何歳までに覚えればベターなのかという記事をシェアします📰

そもそも母語をどのように習得するのか?

母語を習得するプロセス…

  • 聞く・話す・読む・書くの順に学習する
  • 場面や文脈から推測する
  • インプットされる言語から確率に基づいて予測する

1つ目の「聞く」「話す」「読む」の順に学習するのは最も自然な言語学習のプロセスです。

2つ目の「場面や文脈から…」というのは、ある単語がでてくる場面や文脈から単語の意味や文法の規則を想像して、試行錯誤しながら学んでいくことです。

3つ目の「インプットされる…」というのは、ある音や単語の次によく来る音や単語というものがあって、こうした確率を記録し予測しながら言語を処理することを学ぶというものです。

「Aという音の次にはBという音は来ない」などという傾向から意味や文法を理解していくのだそうだ。

たくさんの言語に触れインプット

リスニングやリーディングを通じて外国語に触れる量を多くすることが重要。

小さい頃は生の声に触れ、

テレビやYouTube、映画で多くの外国語に触れる環境に📺

最後にこちらのビデオをご覧ください👀 TED

赤ちゃんは語学の天才

このビデオに言語習得の年齢と能力のデータが述べられています。

赤ちゃんは何語であろうと統計処理をする…

7歳までが最も言語を習得しやすい!

それ以降から言語能力の低下がみられています。